スポンサーリンク

大江戸温泉物語の予約取消キャンセルに関する体験

大江戸温泉物語の予約取り消しキャンセルについて

毎年7月からの台風や冬期の雪、高速道路通行止め、気象悪化による電車不通など、突然の事情により、せっかく予約したホテルをキャンセルする場合、キャンセル料金の不安が誰しもあると思います。
旅行予約をする際には予定がなかったのが、宿泊日が近くなると予定が入り、やむなくキャンセルせざる終えない場合があるかと思いますが、大江戸温泉物語に限らず、キャンセルポリシーを明確に認識されておらず、キャンセル料金がいつから発生するのかわからない、どれくらいのキャンセル料金が発生するのかわからない、ホームページを見てもどこにキャンセル料金が詳しく書かれているのかわからない、結局どこをみてもわからない、団体利用のキャンセル料金がわからない、インターネット予約の方は電話での問い合わせも後回しになり、数日が過ぎることから、不安をお持ちの方が大勢いらっしゃるようです。

 

今回は、当ブログで質問が多かったキャンセル料金についてのレポートです。

 

一番のチェックポイントは、前提として、各宿泊施設によって、規定が変わる場合がありますので、最終的には現地ホテルへの問い合わせが一番信用できますが、問合せの際の注意事項として、こういったホテルの予約スタッフの入れ替わりの早さが頻繁にある際の新人の予約オペレーターの間違い案内等がありますので、電話対応されたスタッフの名前をメモしておくことが重要でお勧めします。そのほかのホテルも同様に後々の行き違いがあった時に説得力が増しますが、大江戸温泉物語は良心的な対応といえます。

 

大江戸温泉キャンセル

キャンセル料金規定

大江戸温泉物語のキャンセル料金の規定ですが、利用人数によって、キャンセル料金の期間やキャンセル料金の割合が違います。

 

以下の宿泊に関するキャンセル料金の規定では、キャンセル通知を受けた日の18時までとなっているようで、現地ホテルの判断かと思いますが、24時までの受付でもすんなり、キャンセル処理をしていただいてますが、18時までが安心かと思われます。

 

実際に予約スタッフの中には、宿泊約款どおりに対応される方は少ないように感じられ、柔軟に対応されているように思われます。以下の表に基本キャンセル料金を期間と違約キャンセル料をまとめています。

キャンセル規定 14名まで 15~30名 31~100名 101名以上
不泊(連絡なし) 100% 100% 100% 100%
当日 50% 50% 70% 70%
前日 50% 50% 50% 50%
2日前 30% 30% 30% 30%
3日前 30% 30% 30% 30%
4日前 30% 30% 30% 30%
5日前 30% 30% 30% 30%
6日前 30% 30% 30% 30%
7日前 30% 30% 30% 30%
8日前     10% 15%
14日前     10% 15%
15日前       10%
30日前       10%

※パーセント割合は、室料及び室料+朝食等の料金内の飲食料を含めた基本宿泊料に対する違約金の比率となります。
※宴会等団体利用は、宴会を行えないホテル施設がありますので、統一出来ない場合が多く考えられ、各施設へのお問合せが有効です。

人数変更のキャンセル料金について

大江戸温泉物語予約キャンセル

<じゃらん写真提供>

大江戸温泉物語の各ホテルでは、人数変更の人数減でのキャンセル料は当日に至っても請求されないようですので安心ですが、ホテル側の準備がありますので、なるべく当日は避けて、早めに連絡をした方が良いようです。

 

反対に人数増の場合は、部屋の定数がありますので、満室の多い繁忙時期などは、部屋変更が出来ない場合があるため、予定が決まらない方の人数を含めた予約確保がおすすめです。

キャンセル料金についての裏話

実際に宿泊施設を利用した際の体験談で、非公式の感想ですので、ご参考に綴ってみます。

 

やむなくキャンセルする状況に、自然災害の台風やホテルへ向かう途中での事故、交通事情、急病、身内親族の不幸、急遽の入院など、各個人によっての諸事情があろうかと思います。そんな当日にならないとわからない不測の事態に見舞われた場合、当日のキャンセルでもキャンセル料の徴収はされていないようです。台風などの予測が出来ない場合は、当日での判断で良いとの対応で、当日キャンセルの場合でもキャンセル料の請求はないようです。

 

その他の多くのホテル旅館でも日程変更の相談の次回利用、リピーター獲得に重要性を感じるためか、キャンセル料の請求をされないケースがあります。

 

一部のホテル旅館や外資系のインターネット予約サイトや海外でのインターネット予約では、道路が通行止めにならない場合や電車が不通にならないと規定通りのキャンセル料の請求があり、キャンセル料金発生日時が30日前など、数万円のキャンセル料金の請求があったり、多くの違いがありますので、すべてがキャンセル料の請求がないケースの対応でないことに注意する必要があります。

 

これまで、大江戸温泉物語を利用した際のキャンセルの対応はわりと良心的かなと思っています。

 

利用者の中には、毎回不慮の理由を使って、キャンセル料を逃れようとする行為が多い利用者は、スキッパーと同等の扱いを受け、受け入れ拒否のブラックリストに入る可能性があるので、注意する必要があります。

 

ゴーショーはまだしも、ノーショーなどは、じゃらんnet、楽天トラベルなど、予約できない状況になることがありますのでお気をつけ下さい。

キャンセル規定がわかれば、宿泊料金の見直し

同じ宿泊をするなら、コストパフォーマンスを高めて、旅行費用を低く抑える自分にあった予約方法を選びましょう。

大江戸温泉物語 台風キャンセル料金

スポンサーリンク





  このエントリーをはてなブックマークに追加