大江戸温泉箕面観光ホテルのおすすめ一品料理2015.2.28

スポンサーリンク

大江戸温泉箕面観光ホテルのおすすめ一品料理2015.2.28

大江戸温泉箕面観光ホテル

<楽天トラベル写真提供>

 

大江戸温泉物語箕面観光ホテル

箕面観光ホテルの2015年の冬のおすすめ情報

客室数が216室の箕面観光ホテルは、箕面温泉スパーガーデンと併設する大江戸温泉物語が運営する宿泊施設です。山の上?丘の上?に建っているので、箕面の高台からの眺望は一見の価値があります。

 

夜景は1000万ドルと言われ、目の前にある平野は壮大な感じがします。ちなみに神戸の夜景は、100万ドルから1000万ドルになったのは、電気料金の値上りが関係していて、格上げとなりました。2015年4月上旬には、景色を楽しめる宿泊者専用の「天空の露天風呂」がオープン予定ですので、これから春の季節が楽しみです。

 

台場の大江戸温泉物語と同様に数多くのイベントがさかんで、大晦日には、箕面温泉スパーガーデンの新しくできた「箕面座」にて、4時間のカウントダウンライブなど、大衆演劇や吉本のお笑いライブ、コンサートも日替わりで行われていますので、他施設よりも料金が高く感じますが、総合的なコストパフォーマンスは、利用形態によって、高いと言えます。

 

大江戸温泉の関西・近畿エリアには、兵庫県の城崎温泉にある「大江戸温泉物語きのさき」の2ヶ所です。近いエリアには伊勢志摩にあります。宿泊は、夕食朝食ともに食事はバイキング形式のどちらかといえば、個人利用をターゲットとしている点が共通しています。

 

日帰り利用には、箕面温泉スパーガーデン対象の10名以上の日帰り宴会プランとランチバイキングがあります。団体利用の日帰り利用の食事は、10名以上の会席コースと30名以上のブッフェスタイルの2種類のラインナップです。利用料金は、会席コースが税別の5,500円~、ブッフェコースが税別4,000円~となっており、1週間前の予約制と15名以上には、無料送迎バスがあります。

 

個人向けのランチバイキングには、宿泊ディナーバイキング同様、演出効果のあるライブキッチンでの鉄板焼きの出来立て料理の提供付きの平日の大人料金1,980円で利用できますが、土曜日や日曜日、祝日の料金は、500円アップの2,480円です。ランチバイキングの小学生料金1,280円と幼児料金980円といずれも税別のシステムです。

 

宿泊料理のメインは、ディナーバーキングで、ランチバイキングと比較して、豪華な内容です。この冬のフェア料理は、箕面食の博覧会と題して、ローストビーフをメインに、大江戸温泉内ではトップクラスの150種類以上の品数を誇り、65種類の朝食と合わせると215品と大江戸温泉グループの100室あるミドルクラスの温泉宿の夕朝食が合わせて120種類と謳われているため、ダントツの品揃えとなります。

スポンサーリンク





  このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめビジネス予約No.1サイト

楽天市場

楽天トラベル

楽天トラベル予約

楽天トラベルはコチラ

おすすめレジャー予約No.1サイト

じゃらん

じゃらんnet

じゃらん予約

じゃらんnetはコチラ



関連コンテンツ