スポンサーリンク

大江戸温泉物語の湯快リゾートからみる新店舗オープン予想比較

大江戸温泉物語の新店舗動向

2012年に3店舗、2014年2店舗がオープンして以来、その後は全く大江戸温泉物語の新店舗展開が鈍っているようで、とても残念に思いますが、新店舗展開が出来ない理由として、思い当たるのが、全国の旅館やホテルで問題視されている耐震工事ではないかと思われます。

 

2015年2月のベインキャピタルの買収から約1年が経過したことで、大江戸温泉物語ファンとしては、そろそろ新店舗オープンがあっても良いのではないかという前提で、新規オープンするなら、次にどこの有名温泉地を狙っていくのか予想をしてみたいと思います。

 

ライバルの競合店といえば、関東の伊東園ホテルと西日本を主に展開する湯快リゾートの2社かと思われますが、どちらかといえば、同等の品質レベルにある湯快リゾートを意識した対策が取られているように思われますので、今回は、湯快リゾートをターゲットとしたライバル店にない温泉地エリアをピックアップして、予想したいと思います。

 

大江戸温泉物語

新店舗予想 2016年1月25日現在

2016年8月下旬にリート投資法人を立ち上げ、上場した大江戸温泉物語が1年を経て、ようやく新店舗を続々と買収しながら、ニューオープンしようとしています。

湯快リゾートと大江戸温泉の比較から見るエリア選定

湯快リゾートと比較すると、北陸エリア、東海エリア、近畿エリア、四国エリアが競合しており、湯快リゾートにあって大江戸温泉物語のない温泉エリアは、中国エリアの鳥取県には、皆生温泉のかいけ彩朝楽と三朝温泉の斉木別館の2ヶ所と岡山県の湯原温泉・輝乃湯1ヶ所と中国エリアには3ヶ所あり、九州エリアの佐賀県には、嬉野温泉の湯快リゾート嬉野館の1ヶ所がありますが、大江戸温泉物語のホテルの出店が無い状況です。

 

湯快リゾートに出店のある有名温泉地エリアを相乗効果を狙い、候補としている場合が多いように思われますので、大江戸温泉物語が新規オープンするなら、草津温泉という噂も一時期流れたこともありましたが、東日本の施設の割合が高いため、西日本の中国エリアまたは、九州エリアに絞られるのではないかと考えます。

 

現実的に、大江戸温泉物語は、新規オープンではなく、既存施設の買収のリニューアルオープンが経営路線のため、有名温泉地でのホテル件数の多いエリアを選ぶ傾向にあります。

 

そういった理由から、四国にレオマワールドの隣接施設であるホテルレオマの森があることから、中国エリアよりも九州エリアの出店が考えられます。

じゃらんネットの温泉地ランキングからみるエリア選定

九州エリアの有名温泉地といえば、ランキングトップに君臨する大分県の湯布院温泉、湯布院温泉に続くのが、同じく大分県の別府温泉、鹿児島県の指宿温泉、近年注目株の熊本県の黒川温泉、鹿児島県の霧島温泉がトップ5で、6位以下となると、長崎の雲仙温泉、湯快リゾートが出店している佐賀県の嬉野温泉、熊本県の南阿蘇温泉、同じく熊本県の阿蘇内牧温泉、トップ10には800年の歴史があるといわれる山鹿平山温泉といったところです。

 

湯快リゾートが出店する佐賀の嬉野温泉の九州エリアにおけるランキング第7位のため、それ以上の温泉地を狙うのが定石ですが、できることなら、トップ3の有名温泉地に出店することが目標といえることから、トップ3の鹿児島の指宿温泉よりも大分の湯布院温泉別府温泉を候補にあげたいところです。

 

全国ランキングから見ても、湯布院温泉が箱根温泉、草津温泉に続き、全国3位のランキングを誇り、別府温泉も湯布院温泉に続く、全国4位のランキングを維持していますが、地域背景やコストの面を含め、九州初出店のインパクトなどを加味したトータル評価としては、次の出店候補に別府温泉エリアが最も有力といえるのではないでしょうか?

 

※今回の温泉ランキングは、じゃらんnetの温泉ガイドから抽出しています。

新店舗予想結果-2016年9月28日現在

2016年1月26日に次の新店舗が別府温泉に予想しましたが、東北エリアの宮城県鳴子温泉の「幸雲閣」と「ますや」の2店舗を皮切りに、

 

九州エリアの予想通り、別府温泉の「別府ホテル清風」と世界三大夜景の眺望を持つ「長崎ホテル清風」に出店することになっています。別府ホテル清風に関しては、完全リニューアル後の来春オープン予定の発表です。

 

全く馴染みのない九州エリアで成功できるのか?ベインキャピタルの手腕がリートにも影響が出そうです。現在、1口80,000~90,000円となっています。

 

2016年9月12日には熱海温泉のホテル水葉亭(すいようてい)を買収し、こちらも来春オープンする予定です。

 

噂によれば、2016年度中に1~2店舗の買収計画があるようです。

 

予想が的中した別府温泉の大江戸温泉物語 別府ホテル清風のページはこちらです。

 

次の出店は、どこに出すのだろう?

スポンサーリンク





  このエントリーをはてなブックマークに追加