大江戸温泉ながやまの周辺観光

スポンサーリンク

大江戸温泉ながやまの周辺観光

大江戸温泉物語

<じゃらん写真提供>

 

大江戸温泉物語ながやま

山代・山中・片山津・小松楽天トラベル予約

楽天市場

山代・山中・片山津・小松

楽天トラベル予約

地域ホテルの料金を比較チェック


加賀・小松・辰口のホテル宿泊施設じゃらん予約

じゃらん

加賀・小松・辰口のホテル・宿泊施設

じゃらん予約

地域ホテルの料金を比較チェック


石川県の片山津温泉の観光情報まとめ

大江戸温泉物語ながやまの観光情報を素早くチェックできるのは、片山津温泉観光協会のホームページが更新も頻繁に行われており、充実しています。お電話(0761-74-1123)で問い合わせるのもリアルタイムの情報がある可能性があります。

 

風光明媚な湖畔の温泉郷で、加賀市の北東部、柴山潟の西岸にあり、泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、最高泉温は73℃を誇ります。神経痛、リウマチ、胃腸病などに効能がある。加賀温泉郷の4つの中ではもっとも新しい温泉で、1653年(承応2)に前田利明が柴山潟の湖中に源泉を発見したのが始まりという。以後、幾多の試行錯誤を経て、1882年(明治15)に柴山潟の一部を埋め立て、温泉街が醸成されています。

片山津温泉 湯の元公園「浮御堂」

当館より車2分で、住所は、石川県加賀市潮津町イ106で、問い合わせ電話番号が0761-74-1123となります。柴山潟に浮かぶ御堂と竜神像は人々の感謝の証として建立され、湯の元公園から浮桟橋で浮御堂まで歩く事ができます。柴山潟の沖合400mの湖上に高さ70mに噴き上がる間欠大噴水があり、夜は浮御堂と共にライトアップされ幽玄な風情があります。4月~10月中は屋形舟で温泉湯めぐりが楽しめ、夏の花火が連日行われ、夜の屋形舟が人気があります。

雪の科学館

住所は、石川県加賀市潮津町イ106で、問い合わせ電話番号が0761-75-3323となります。中谷宇吉郎は片山津温泉の出身で、雪の美しさに魅せられ、北海道大学で世界で初めて人工的に雪の結晶を作り出した科学者です。雪や氷に関する科学の分野を次々に開拓し、その活躍の場はグリーンランドなど世界各地に広がります。中谷博士の多面的な業績を中心に雪氷学のその後の発展も含め、最新の映像装置や実験・観察装置も使いわかりやすく展示しています。

日本三大名園兼六園

当館より車60分で、住所は、石川県金沢市兼六町1-4で、問い合わせ電話番号が076-234-3800となります。江戸時代の回遊林泉式庭園の特徴を今日に残す代表的名園で、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本の三名園と称されています。築庭は1676年(延宝3年)加賀5代藩主綱紀に始まり、約170年を費やし、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の六勝を兼ね備えるという意味です。灯籠、雁行橋、霞ヶ池など見どころ多数。紅葉、雪吊りと四季折々の美しさが楽しめます。

那谷寺

住所は、石川県小松市那谷町ユ122で、問い合わせ電話番号が0761-65-2111となります。真言宗に属する自生山那谷寺は、717年(養老元年)に泰澄大師が千手観音を岩窟に安置したのにはじまるといわれています。那谷寺の境内は奇岩遊仙境を中心とした、山水画のような美しい景色、秋の紅葉には人気のスポットです。

スポンサーリンク





 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめビジネス予約No.1サイト

楽天市場

楽天トラベル

楽天トラベル予約

楽天トラベルはコチラ

おすすめレジャー予約No.1サイト

じゃらん

じゃらんnet

じゃらん予約

じゃらんnetはコチラ



関連コンテンツ