スポンサーリンク

ズワイガニのせいろ蒸し2015.5.7~あわら販売スタート

大江戸温泉物語あわら

<じゃらん写真提供>

 

大江戸温泉物語あわら

あわら・三国楽天トラベル予約

楽天市場

あわら・三国

楽天トラベル予約

地域ホテルの料金を比較チェック


三国・あわらのホテル宿泊施設じゃらん予約

じゃらん

三国・あわらのホテル・宿泊施設

じゃらん予約

地域ホテルの料金を比較チェック


大江戸温泉あわらグルメ

福井県の芦原温泉にある大江戸温泉物語あわらのお知らせで、昨年好評を博したズワイガニのせいろ蒸しの販売が2015年5月7日より、販売スタートすることをインターネットで告知しています。

 

料理写真を見る限り、半片のようで、1,480円の売価設定のおすすめ単品メニューでの提供で料金も一般的かと思われますが、セイロなのでおトクかと思われます。バイキング料理が基本スタイルですが、特別な人との宿泊利用など、料理のグレードアップを行うことで、華やかになります。

 

この季節は、ズワイガニのシーズンではないように感じますが、日本海の越前ガニや松葉ガニの日本ブランドの漁期が毎年、11月初旬から翌年の3月中旬までということであって、生や茹でた冷凍物の北海道産やロシア産、カナダ産の冷凍ずわいがにを1杯2000円~3000円で食することはできます。

 

日本海産の冷凍物もあるようですが、1杯3500円~5000円くらいするようです。外国産のズワイガニも日本海産の越前ガニなども同じズワイガニで、日本海産は高価なもののイメージがありますが、日本海の地形により身のしまり方が違うと言われていたりしますが、活けのズワイガニの場合、時間の経過につれて、身が細くなったりと冷凍物のほうが、捕獲時に瞬間冷凍するため、甘みが失われず、身も痩せることがないため、美味いといわれる方もいるようです。

 

実際、良い物を食すると美味しいですが、安価格を考えれば、お得な感じを受けますので、1.5人前の表示がありますので、2名で1つの注文で味わうのも良いかと思います。

 

ズワイガニのせいろ蒸しの提供方法ですが、一般的には、茹でガニなども冷凍物を解凍して、提供されるため、冷めた茹でガニを召し上がる場合が多いですが、生の冷凍ずわい蟹をその場で、セイロで蒸しあげるので、湯気のあがった臨場感と熱いまま、越前塩で味の調整しながら、食べることができます。

スポンサーリンク





  このエントリーをはてなブックマークに追加