スポンサーリンク

人気バイキング温泉の格安ホテルチェーン

人気バイキング温泉ホテルチェーン

温泉バイキングの人気ホテルチェーン1泊2食の格安ホテルといえば、食事はすべてバイキング料理でコストカットを実現したバイキングメニュー付きの温泉宿が家族連れの観光レジャー層にとっては嬉しいホテル形態です。

 

この運営形態を全国の有名温泉地を選んで開発する夕食と朝食ともにバイキング料理の低価格路線を追求する代表的な人気ホテルチェーンは、東日本に40店舗以上の最大ホテルチェーンを展開する「伊東園ホテル」、西日本を中心に展開する「湯快リゾート」、観光スポットで有名になったスーパー温泉のテーマパークである東京お台場の1号店からバイキング温泉宿を中心に全国展開を行う「大江戸温泉物語」が三大ホテルチェーンです。最も格安のバイキングホテルチェーンには、東日本を展開する「おおるりホテルチェーン」があります。

 

大江戸温泉

バイキングの旅館・ホテルチェーンの人気が高まっていますが、企業がバイキング形式を選ぶ理由として、料理の準備はありますが、料理を運んだり、提供したりのサーブする時間を省き、あと片付けのバッシングのみのオペレーションによって、通常22~23%の人件費を17~18%に押さえたサービススタッフの運営が可能となり、宿泊料金の低価格を実現しながらも、利益率を確保できることが最大の理由です。

 

湯快リゾート

バイキングとは

元々の「Viking」は8世紀末~11世紀にヨーロッパを襲ったスカンジナビア人の海賊の意といわれます。日本の料理の「バイキング」は和製英語で、卓上の料理をセルフで各々のトレー(皿)にとりわけるテーブル席での食べ放題のスタイルで、日本で最初にバイキングを導入したのは、帝国ホテル東京です。「ブッフェスタイル」は、本来パーティーでの立食形式が多く、食べ放題でないところが多くあります。

バイキングのマナー

バイキング温泉宿

pointⅠ

ディナーであれば50種以上といろいろな種類、演出厨房などがあるレストランでライブ感を楽しめます。

pointⅡ

ボリュームだけを求められる方はその限りではありませんが、レストランオープン15分までには食事を始めた方が良い理由として、後半や夕食時になると料理がこね混ぜられて、団子状態になったり、見栄えも悪く、全く美味しいものではないことが多くあるためです。

pointⅢ

ライスを十文字に皿に盛り、空いた4箇所のスペースにソース系などの料理を盛る十字盛りは◎です。

pointⅣ

仕切りのあるプレートに種類別に少しづつ盛り付け多くの種類を楽しむセット盛りは◎です。

pointⅤ

食べ残しの原因となる一皿に沢山の種類をのせるゴチャゴチャのマンガ盛りは×です。

pointⅥ

食べ残しの原因の一皿に同じ種類の料理の山盛りの分担盛りは×です。

pointⅦ

食事の間には口直しのコーヒーリセットは◎です。

スポンサーリンク





  このエントリーをはてなブックマークに追加