スポンサーリンク

人気ビジネスホテルチェーン

人気ビジネスホテルチェーン

人気ビジネスホテルチェーン全国を拠点とするビジネスマンに絶大なる人気なビジネスホテルは、全国ネットワークを持つビジネスホテルを好む傾向にあるようです。ビジネスマンをターゲットとするビジネスホテルチェーンは、新規参入する企業やビジネスホテルに活路を見出そうと進出する傾向があります。ビジネスホテルは、素泊まり、1泊朝食スタイルがビジネス利用者のニーズであることが、企業によっては、人件費の削減や利益率確保に一役かっていることは、ホテル側とホテル利用者との双方のターゲットの目的がピッタリと合うことで成り立っているビジネスモデルといえます。

 

大手ビジネスチェーンには、200店舗以上の東横イン、ルートインホテルをはじめ、アパホテル、スーパーホテル、コンフォートホテル、サンルートホテル、チサンホテルなど、大手ホテルチェーンは店舗数が多く、かなりのビジネスリピーターが存在することからも人気が集中しています。

 

都市型の温泉スパを完備するドーミーインなど、新しい形態の企業も規模を拡大しており、増々期待のかかる所です。アメリカンスタイルの格安料金を展開するファミリーロッジ旅籠屋などもあります。

ビジネスホテルチェーンを旅エモンが選ぶランキング
アパホテルズ&リゾーツ

アパホテル

CMでお馴染みのアパホテルは、主要都市に100店舗以上のホテル展開を行い、じゃらんネットや楽天トラベルの検索ランキングでも常にトップの地位を確立する利用率を含めて、低価格の人気ナンバー1のビジネスホテルといえます。

 

アパホテルズ&リゾーツ

コンフォートホテル

最低価格保証

世界的ブランドのホテルチェーンである米国のコンフォートホテルは、全世界ネットワークを構築した洗練されたビジネスホテルです。ひつじルームなど、快眠などのビジネスマンの疲労度を癒やすことを第一に考えた理念とアメリカンスタイルと日本和食が融合した朝食バイキングに多くのリピーターが存在します。

 

コンフォートホテル

サンルートホテルチェーン

全国ホテルチェーン

日本のビジネスホテルチェーンの中では、老舗の部類に入る40年以上の運営ノウハウに安心して滞在することが出来ます。全国に70店舗以上展開しており、ホテルによって、コンセプトが異なるため、利用者の求めるサービスに合わせたホテル選びを楽しめることができます。

 

サンルートホテルチェーン

スーパーホテル

朝食バイキング

低価格ブランドとLOHASブランドを展開するスーパーホテルは、全国に100店舗以上のビジネスホテルの店舗数を誇っています。近年のスーパーホテルのコンセプトは、エコに配慮したeco泊キャンペーンなど、環境省認定のエコ・ファースト企業としての活動も行っており、30日以上の長期滞在になると20%以上の割引も嬉しいいところです。

 

スーパーホテル

チサンホテルズ

人気ホテルチェーン

ビジネスホテルとシティホテルブランドを全国展開するチサンホテルは、ビジネス利用の多い1名利用のシングルサイズのベッドが広めの設定があったり、ファミリー利用などにおすすめのエグゼクティブな客室など、利用形態によって使い分けができる柔軟さが魅力であるといえます。朝食には、郷土グルメの地域ごとの特色が楽しく食事できます。

 

チサンホテルズ

東横INN

人気ビジネスホテル

ビジネスホテルチェーンの中でも200店舗を超すトップクラスの店舗数を誇る東横インは、駅に近い利便性を持ち、ホテル内のチェックインやチェックアウトを一部のホテルで、自動で行うなど、時間にシビアな忙しいビジネスマンに人気があります。

 

東横イン

ドーミーイン

ホテルチェーン

リゾートホテルとビジネスホテルを全国展開する上場企業の共立メンテナンスが運営するビジネスホテルのドーミーインは、温泉スパをアピールする差別化を図った大浴場でくつろげるビジネスマンに人気のビジネスホテルといえます。朝食バイキングには、ご当地メニューを取り扱う店舗も多く、夜食メニューに夜鳴きそばが用意され、無料提供されるのが嬉しいところです。

 

ドーミーイン

ホテルルートイン

ビジネスホテルチェーン

全国を旅するビジネスマンにおすすめのビジネスホテルチェーンといえば、店舗数ナンバーワンのホテルルートインです。都市部になると有料の駐車場が多い中、多くの無料駐車場や天然温泉・人工温泉などの大浴場が完備されていることで人気のある低価格ビジネスホテルです。

 

ホテルルートイン

 

ビジネスホテルチェーンの差別化

楽天ビジネスホテルチェーン今どきのビジネスホテルへ利用者のビジネスホテル利用の経験によって、ホテルに求めるレベルが年々高まりつつある中、こだわりが差別化となり、生き残りを賭けたホテル側の提案するスタンダードに利用者のニーズが合致するかどうかがカギを握っています。

 

快眠、朝食、アクセス、料金を基本に、大浴場完備や温泉だったり、ベッドの品質であったり、アメニティのラインナップ、生活に密着したホスピタリティサービスなど、ハードとソフトの両面のプラスαを予約基準とするレベルの高さの創意工夫がうかがえることにビジネスホテルのサービス向上に敬意を払います。

 

ビジネスのマンパワーを最大化するホテルサポートからエネルギーを充電することがビジネス成功のカギを握るといっても過言ではないくらいに、シティホテルと変わらないまでになったハイレベルの競争がきっかけとなり、コストパフォーマンスを更に押し上げる結果となりつつあります。

 

日本で最大の店舗数を誇る東横インの開発スピードは、かなりマニュアル化されたノウハウを確立されていることと思います。上場企業の共立メンテナンスもハイクラスな旅館やリゾートホテルを手がける中、ビジネスホテルチェーンのドーミーインをメイン事業として、全国に展開しており、温泉スパの導入により、ビジネスホテルチェーンとの差別化を図っています。その他の上場企業の会員制リゾートホテル運営のリゾートトラストは、元来のリゾートホテルのエクシブの新規開拓と同様に都市部にホテルトラスティの店舗拡大のブランド化を進めています。

 

今後のビジネスホテル決戦での都市部で行われるホテルチェーン戦争は加速して行くことと思いますので、全国を股にかけめぐるビジネスマンに人気な全国ネットワークを持つビジネスホテルチェーンを徹底的に掘り下げていきます。

スポンサーリンク





  このエントリーをはてなブックマークに追加