スポンサーリンク

湯快リゾート三好屋 - 湯村温泉

湯快リゾート三好屋

<じゃらん写真提供>

湯快リゾート三好屋

城崎温泉にオープンした大江戸温泉物語に続き、湯快リゾート三好屋として、2012年4月10日オープンです。レトロモダンな別館・清山荘を併設した日本屈指の高熱泉、千年以上の歴史を誇る古湯「湯村温泉」
山間の大自然に囲まれた森林露天風呂で夜空の星々を眺める桃源郷です。

 

「湯村温泉」は、兵庫県美方郡新温泉町大字湯にある温泉で、平安時代開湯という歴史ある山陰の山峡にある閑静な湯治湯です。1981年のNHKの朝ドラマ、吉永小百合主演「夢千代日記」のロケ地としての風情が全国に知られ、「湯けむりの郷」「夢千代の里」として注目されたことがあります。

 

湯快リゾート三好屋の近くの浜坂漁港は、ホテルイカの水揚げ日本一で有名で、冬季の松葉ガニ(ズワイガニ)の漁獲量も日本一ですが、知名度においては、「福井県の越前ガニ」や「香住漁港の松葉ガニ」、最近では、香住「柴山漁港の柴山がに」の選別日本一の影に隠れ、上質のカニの本場にかかわらず、遠く及ばない状態ですが、2013年の初競りの但馬4漁港の最高値は、過去最高額を更新した浜坂漁港は1匹25万円(昨年20万)、柴山港は13万1170円(昨年より2万円高)、津居山港は6万8千円(昨年4万円)、香住漁港は3万円(昨年5万円)の状況でした。

 

湯快リゾートでは、地域色を大切にご当地ブランド牛のプランが用意されています。このエリアは、神戸牛や松阪牛の「素牛(もとうし)の但馬牛」が、1泊2食9,800円で楽しめ、本ズワイガニ食べ放題は、+2,500円とお得で、大ぶりのズワイガニまるごと姿一杯付プランは、+2,000円とこれまたお得です。岐阜「飛騨牛」、石川「能登牛」、和歌山「熊野牛」のブランド牛の提供がなされています。

スポンサーリンク





  このエントリーをはてなブックマークに追加