スポンサーリンク

関東エリアの温泉地人気ランキング

じゃらん楽天トラベル

関東人気温泉ランキングTOP10

箱根温泉(神奈川)

古くは湯治場として親しまれてきた800年の歴史ある古きよき湯場であり、箱根観光に人気のある大涌谷と桃源台の真ん中、高原の静かな澄み切った空気が佇む環境は、その昔、金太郎のモデルとなった坂田公時の母が箱根の湯を見つけたという言い伝え、息子の目を治した伝説から姥子温泉と呼ばれ、目の病気に効果があるという言い伝えが今も語り継がれています。泉質は、単純温泉、塩化物泉で、皮膚病、婦人病、リウマチ、神経痛、高血圧に効能があるといわれています。

草津温泉(群馬)

日本有数の名湯として名高く、名物の湯畑が有名で、個性ある宿泊施設や買い物店が軒を連ねた独特の温泉風情のある人気ある温泉です。殺菌力効果のある源泉が至る場所から確認でき、湯めぐりをすることが出来ます。周辺には高原リゾートの雰囲気で洒落たカフェやペンション、ホテルと好みによって、選ぶ楽しみもあります。泉質は、含アルミニウム泉、硫黄泉で、皮膚病、婦人病に効能があるといわれています。

 

鬼怒川温泉(栃木)

雄大な鬼怒川渓谷にある温泉地で、雄大な鬼怒川渓谷沿いに旅館やホテルが立ち並ぶ関東有数の大型温泉地ですが、近年は、閉鎖に追い込まれる宿泊施設やエリアが増えたため、幽霊の噂もあります。江戸時代の開湯時は、日光詣の僧侶や大名のみ利用できたが、明治以降一般開放された経緯があります。体に優しいアルカリ性単純温泉は神経痛・疲労回復等に効能あり、周辺は日光江戸村や東武ワールドスクウェア等テーマパークも多く、春の新緑、秋の美しい紅葉が楽しめます。

 

伊香保温泉(群馬)

大正浪漫の雰囲気が漂う温泉地。万葉の時代から人々に親しまれてきた、石段街がシンボルの温泉地。そこはかとなく、大正浪漫の雰囲気が漂い、ノスタルジックな気分にさせてくれる。のんびりそぞろ歩きがおすすめの温泉地。

 

万座温泉(群馬)

四季折々の景色を満喫。標高は1800Mもあり星に手が届きそう。万座温泉の源泉は湯畑より引き湯されておりほとんどの宿がその温泉をまたアレンジしているのが面白い。多くの効能があると言われる温泉は酸性硫黄泉で色は乳白色。どの季節に訪れても素晴らしい大パノラマを堪能できるので何度来ても新鮮な気分。

 

湯河原温泉(神奈川)

関東でもっとも古い温泉の1つ。古く万葉集にも詠まれた秘湯の趣を持つ温泉場である。関東でもっとも古い温泉の一つで「傷の湯」と言われ、外傷に効く湯として知られている。首都圏から近いので、春は新緑、6月は「ホタルの宴」、夏は湯河原海水浴場、秋は紅葉、みかん狩り、1月下旬からは「梅の宴」と年間を通じて楽しむことができる。

 

四万温泉(群馬)

豊富な源泉。国道353号行き止まり。全国の国道で行き止まりはここだけ。自然が残るまちの中央を清流が流れ、源泉が豊富な上に温度も高く、冬は暖房に使ってから湯船に回すほど。5つのエリアに分かれ小さな旅館が35軒ほど、大旅館が3軒。タイプが色々あり好み宿が見つかる。

 

那須温泉(栃木)

1370年前に開湯した由緒ある温泉地。江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

 

日光湯元温泉(栃木)

日光の最奥地、湯の湖岸の国民保養温泉地としての指定されている。自然が豊富で静かな温泉地として情緒的、湯の湖では、ヒメマスや岩魚釣りが楽しめ、スキー場やハイキングコース、アウトドアの施設もある。豊富な硫黄泉は美人の湯として人気。

 

日光温泉(栃木)

歴史と文化の街、日光の市内にある温泉。硫黄が苦手な人にも親しみ易い無色透明の湯は、肩こりや神経痛、美肌にも効果あり。東照宮や世界遺産巡りの後にゆっくり温泉を愉しもう。市内の宿で立ち寄り温泉もOK。(要問い合わせ)

スポンサーリンク





  このエントリーをはてなブックマークに追加